• mainimage-2

新着情報

新着情報

ゴールデンウイーク、本店は、5月2日(水)、5月3日(木)営業しております。

本店アクセス 『餃子の街』浜松で選ばれ続ける 石松餃子の味をぜひ一度ご賞味ください。

新東名高速「浜松・浜北」IC下車がアクセス便利です。

新東名高速「浜松・浜北」IC下車、浜松方面へ。
→国道152号線を約4km直進し、県道296号線を左折。(右手にローソンのある交差点)
→約2km直進し、「小松八幡」(ドミノピザのある交差点)を右折。
→約250m進むと左手にあります。(県道391号線沿い)

Googleマップでのルート検索

浜松餃子の特徴と石松餃子の魅力 たっぷりキャベツの甘味と 豚肉の旨味が溶けあった、 あっさりジューシー餃子。

遠州育ちの豚モモ肉

お肉は地元遠州産の豚肉を使用しています。臭みの少ない部位を使うことで具材のうまみを一層引き立て、シンプルでいながら深みのある味わいを生み出しています。

厳選キャベツ

石松餃子といえば一にも二にもキャベツです。季節により産地を厳選した甘味のあるキャベツを使用することにより、あっさりしながらジューシーでいくつでも食べられるあきのこない味に仕上がります。

石松独自のタレ

石松のたれは、石松餃子のために考えられた特製の酢醤油です。少し甘めに仕上げた特製酢醤油が、餃子の持つ甘み、旨みをより一層引き出し、他では味わえない一体感を作り上げます。

モチモチの皮

餃子の皮は、具材の繊細な味を優しく包んで閉じ込めるために、なめらかでモチモチ感のある薄手の皮を使用しています。具材と皮とたれが一体となって絶妙な味を生み出します。

もやしの由来 ~石松が発祥~

浜松餃子に添えられるもやしは、実は石松が発祥。
外食が数少ない贅沢であった時代に、見た目も味のうちと、お客様のために
初代店主が試行錯誤を繰り返して辿り着いたのが「もやし」でした。
石松のたれが、餃子にももやしにもよく合う秘密は、餃子とたれが先にあっ
たから。元祖ならではの味わいをお楽しみ下さい。

創業昭和28年、変わらぬ味と情熱は今も受け継がれています。

初代より引き継がれてきた「秘伝のつなぎ」がうまさの決め手

餃子消費量日本一を宇都宮と争う浜松。その浜松で、昭和28年、屋台で始めた石松の餃子が、 浜松で最初の餃子でした。 その初代店主が苦労を重ねて作り上げた特製の“つなぎ”が厳選した素材のそれぞれの旨みを引き出し、皮の中に凝縮させます。この“つなぎ”こそ、他には真似のできない老舗ならではの味わいを生み出しています。

初代より引き継がれてきた「秘伝のつなぎ」がうまさの決め手
  • 店舗一覧
  • オンラインショップ